国際パラジウム協会

  • 新聞広告

担当領域

マーケティング・コミュニケーション戦略立案、オフィス設立・人材採用サポート、クリエイティブ制作、イベント企画・運営、PR業務

現状の理解と課題の抽出

パラジウム・ジュエリーの広報機関である国際パラジウム協会が本国・米国、中国に続き日本進出。認知度がまだ低い「パラジウム・ジュエリー」について製造・卸・小売業者様に知っていただくこと、また正しいパラジウム・ジュエリーの情報を消費者にまずはお届けしたいということでご相談いただきました。企業ではなく協会という立場上、商品やブランドをプロモーションするのではなく”パラジウム”という貴金属の特徴や利点などをお伝えする啓蒙活動が中心となりました。コミュニケーションおよびクリエイティブに関しては本国およびアジアパシフィックの戦略をベースに制作する必要がありました。

課題解決の手法、方向性の策定

まずは業界法人向けの情報と消費者向けの情報が異なることに着目し、業界向け、消費者向け、それぞれの個別戦略を立案しました。業界向けには、まずはパラジウムの地位確立を第一優先に、国内屈指の専門店や百貨店から展開することになり、チャネル展開にあわせたブランド広告を展開することに。商品展開が少ない初年度は消費者向けにはまずは正しい情報を伝達したいということで、PR業務を中心に展開することにしました。

IGOSのご提案内容

まずは業界法人向けの情報と消費者向けの情報が異なることに着目し、業界向け、消費者向け、それぞれの個別戦略を立案しました。業界向けには、まずはパラジウムの地位確立を第一優先に、国内屈指の専門店や百貨店から展開することになり、チャネル展開にあわせたブランド広告を展開することに。商品展開が少ない初年度は消費者向けにはまずは正しい情報を伝達したいということで、PR業務を中心に展開することにしました。